イーハトーブ紀行 [旅&散歩写真記録]

旅、もしくはそれに準する散歩の記録です。 旅のタイトルをCATEGORYからお選びになってご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
第10次イーハトーブ紀行(14)-2005/07/27久慈~田野畑~北山崎~宮古
台風が夜から明け方にかけてほぼ通過。
7時に宿で朝食をいただきました。
うろ覚えですが、みそ汁とかお漬け物とか焼き魚とかのスタンダードな御膳でしたが、素朴ながら懐かしいような基本に忠実なおいしさでした。

車に乗って地図観ながらどういうルートでゆこうかと検討。
とりあえず三陸を岸壁見物しながら寄り道しつつ南下して宮古にというのが大まかな予定。

地図に海沿いの道があったのでそれで行こうという事に。
まだ空は曇っています。海も荒れてて風も吹いてます。

RIMG0004.jpg

RIMG0005.jpg

RIMG0006.jpg

RIMG0014.jpg

RIMG0017.jpg

海岸に降り立ってみたり寄り道したりしました。
ざっぱーんって迫力あったなあ。。(でも荒れててほんと危ないからあんま波打ち際に行かない)
RIMG0026.jpg

RIMG0033.jpg

打ち上げられた昆布を採り歩くおじいさん。。
RIMG0038.jpg

RIMG0041.jpg

RIMG0046.jpg

しかし荒海だなあ。今日は台風一過を期待していたのに。。
どうやら晴れ渡ることは望めないかもしれないなあなどと思ってきました。
RIMG0050.jpg

そして車窓をよぎった一枚の看板にわれわれは誘われてゆく事になるのでした。。
看板には、、「アジア民族造形館」とかかれていました。
どうやら秘宝館かなんかそういうバブルの頃によくできた何ちゃらかと半分冷やかし気分でそこを目指す事に。。
つまり、みうらじゅん的ユルいなにかを期待して。。
案内にそって道を行くと海岸沿いからどんどん山道へと入ってゆきます。
20分30分たった山奥に小さな部落があり、そこの一角に「アジア民族造形館」はありました。

正体を見た一同は唖然、、そこにあったのは何軒もの南部曲がり家と畑でした。
うわー、とんでもなく素敵なところではないですか!!
もう宝島を見つけた気分。おいおいおい、、みうらじゅんどころじゃないよ。。
茅葺き屋根に手入れされた畑にその景色に無理がなくて静けさの中にあるのに圧巻です!
RIMG0068.jpg


RIMG0055.jpg

RIMG0057.jpg

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。