イーハトーブ紀行 [旅&散歩写真記録]

旅、もしくはそれに準する散歩の記録です。 旅のタイトルをCATEGORYからお選びになってご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
第10次イーハトーブ紀行(10)-2005/07/25-岩手山登山(9)岩手山九合目と八合目
164.jpg

九合目不動平にくるとそこはお花畑でベンチまであります。
急ぐ当てもないので各自一時間二時間くらいをこの辺で自由に過ごすことに。
岩手山中で最も穏やかだと思われるところです。
165.jpg

こんな風に眠ったり音楽を聴いたり、、、雲とともに流れ、時間を過ごしました。
166.jpg

ああ、外輪山をおりてくる人がいるなあ。
167.jpg

もうどうしようもないくらいに見上げる空は青い。あをい。。
168.jpg

こんな風に木のベンチがあるのでよけいになごむのでしょう。169.jpg

ここではじめて音楽を聴いた。この場所で聴いてみた。。。やばかった。
風が 光が 雲の流れるさまが 草原が うち震える音響時空間をつくった。
それはこころの琴線にダイレクトに響かせる時空間。 
感度すこぶる良好。やばい、、泣いちゃうよ。。
170.jpg

四次元大接近。ここらの磁場は四次元を引き寄せる。

171.jpg

さて、そろそろ身体がうずうずしてきたのでうろうろしてみることに。
鬼ヶ城の稜線コースの下見ということでにわかに起きだして、Hさんとここを登ります。
172.jpg

登りだすとまたしても雲がかかってきました。過激だわ~。
植物にとっては最高の恵みなんだろうね。葉っぱについた露がみずみずしい。
赤いカエルもいた。アマガエルサイズ。赤い溶岩石の色してた。
179.jpg

(↑Hさんの撮影)
180.jpg

(↑Hさんの撮影)
173.jpg

174.jpg

上まで来るとまた新しい視点をもって世界は見えてきますね。
いいところだなあ。下からみるよりはるかに急なところでした。175.jpg

緑も生き生きしている。明るい緑。
176.jpg

上まで登ってみるとロープを張ってあって入れないようにしていた。
どうやら旧道で今は使われてない道だったようだ。
どうりで道が草に覆われていたり登りにくかったわけだ。
177.jpg

下に見える長方形が二列で並んでいるのが木のベンチでさっきまでいたところ。
中央右に不動平避難小屋で右上雲海手前小さく八合目避難小屋が見えます。
さて、にわかに尾根道を見渡すと、もう雲で視界は限られましたが、とってもステキな予感がいっぱい。
右に西岩手山火口、左に小岩井雫石盆地、
きっと素晴らしい景色が望めることでしょう。
そんなに険しそうでもない。ということで下見を終わり、戻る。
178.jpg

下から女性の方が一人歩いてくる。
聞くとこのまま稜線を歩き網張り口まで行かれるとのこと。
やっぱり大丈夫そうだ、そんなに難しいルートではないらしい。
ただ、リフトが動いてないそうなので、今回は断念。
動いているなら一番負担の少ない下山ルートになったので残念。
181.jpg

(↑Hさんの撮影)
+010.jpg

(↑Oさんの撮影)
+011.jpg

(↑Oさんの撮影)
+012.jpg

(↑Oさんの撮影)

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。