イーハトーブ紀行 [旅&散歩写真記録]

旅、もしくはそれに準する散歩の記録です。 旅のタイトルをCATEGORYからお選びになってご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
第10次イーハトーブ紀行(11)-2005/07/25-岩手山登山(10)岩手山下山-柳沢コース
190.jpg


雲がモクモクちょっと怪しそうな感じの夏の雲。
お天気が急変しないとも限らないのでそろそろ下山することにしました。
191.jpg

八合目避難小屋で置いてあった荷物をまとめて外に出ると
ふもとから自衛隊の人が柳沢登山道をどんどん登ってきました。30人くらい。
重たい機材とかを背負っています。
これも訓練なのでしょう。しかしこんなに大勢迷彩で登ってこられたらこわいです。
すれ違うの嫌だなあ。
どうせ背負うなら避難小屋のストーブ用の薪でも背負ってくれば役に立つのにね。
192.jpg

下山開始。下に雲がやってきているのでだんだんミストな世界に突入。
まったくもってマイナスイオンのかたまり。
193.jpg

赤い砂利がしっかり色ついているので、なんだか自然ではないように感じるくらい。
194.jpg

195.jpg

過去におきたであろういく筋もの赤い崩落跡。
196.jpg

+009.jpg

(↑Sさんの撮影)
+013.jpg

(↑Sさんの撮影)
197.jpg

雲の合間に樹海の中の滝沢村の牧場が見える。
198.jpg

真横位置に雲たち。山肌に迫り押し寄せてくる。
+014.jpg

(↑Sさんの撮影)
199.jpg

旧道はずっとこんな感じ。足場は悪いが広いのですれ違いや休憩はしやすい。
新道に比べ見晴らしも良い。つらい山道にも素晴らしい展望さえあればだいぶ楽になる。
それに雲が出ていてむしろ助かった。
炎天下だと木陰がないのでかなり暑かったろう。
頻繁に休憩しながらゆっくりと下山する。最後に足でもくじいては元も子もないから。
200.jpg

馬返しへつづく道がまっすぐ向かっていて異国っぽくてこの景色は好き。
201.jpg



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
岩手山所在地=岩手県盛岡市、八幡平市、滝沢村、雫石町|山系=奥羽山脈|種類=火山|成層火山|}}岩手山(いわてさん)は、東北、奥羽山脈北部の山。標高は2,038mで、二つの外輪山からなる複式火山。奥羽山脈の主稜からは離れており、独立峰にちかい形態である。岩手県最高峰。
2007/04/02(月) 12:13:09 | 日本の自然を見つめる瞳
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。