FC2ブログ

イーハトーブ紀行 [旅&散歩写真記録]

旅、もしくはそれに準する散歩の記録です。 旅のタイトルをCATEGORYからお選びになってご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
第10次イーハトーブ紀行(04)-2005/07/24-岩手山登山(3)七滝コースその2
015.jpg

登山道にたどり着くと再び日が射して木漏れ日があかるく道を照らしました。
みどりがきれいできれいでもうじゅうぶんな森林浴です。
しばらく歩くと中高年登山者の5、6人とすれ違いました。
「ああ、よかった。七滝ルートでもいけるんじゃないか。」
と、そのときは思いましたが、
案外途中で引き返してこられたのかもしれないという可能性は否定できません。

面白い樹を発見。
016.jpg

口を開けた顔です。

沢に降りられる道を発見。
017.jpg

焼切沢という岩手山から流れている沢沿いにずっと進むのが
この七滝ルートだが、音はすれど視界には入らなかったのでお目にかかるのは初である。
018.jpg

やっぱり水の成分であろうか赤い。冷たくてきれいな水だけどさすがに飲むのはよした。
みんなずっと歩き通しから訪れたイベントに少しはしゃぎます。ここで少し休憩。
019.jpg


さらに進むと、このルートの名前になっている「七滝」が見えてきました。
ざばざば豪快な滝です。やっぱり赤いし。秘境っぽい。
020.jpg

下に降りられるんだろうけど体力を温存するために降りるのはやめにしました。
今思うと少し勿体なかった気も。。
021.jpg

さあ、探検隊はどんどん原生林を進みます。
022.jpg

また赤い焼切沢です。
ウォータースライダーの如くごうごうとみずが流れていて怖いくらい。
落ちて流されるとさっきの七滝に行きます。。
023.jpg


上の視界が開けて黒倉山がみえました。
024.jpg

岩手山一帯で火山活動が怪しまれる最も危険な山です。
現在でも山頂部は危険なため立ち入り禁止のようです。
こんな断崖絶壁な山を見上げるこの場所も爆発やら何かあったときにはかなり危険な場所のように思われます。そんな気持ちでおそるおそるながめていました。
湿地帯に入り、足下の地面もぬかるんできました。
なるほど、確かに変化に富んだオススメルートです(笑)。
ぬかるんでいるのが赤い泥で、油も浮いていてなんか凄まじく、
やっぱり火山なのだなあと思わされました。

と、泥にあまり沈まぬような場所を選んで足を進めて
ホントに秘境探検隊な気分になってきた頃に目の前の景色は大きくひらけてびっくり。
025.jpg

唐突にいったいどこの庭園かとも疑うような整ったところに出ます。
さっきまでの殺伐さが嘘のようないきなりユートピアで食事&休憩。
なんか秘境探検気分というよりハイキングに。
Hさんはここに別荘があるとステキだというし。なごめてよいところです。
026.jpg


027.jpg

028.jpg

029.jpg

多分、佐保沢。

030.jpg

さあ、再び出発です。
031.jpg

おっと、いきなりプチ難関?。
丸太の橋が半分朽ちて落ちています。
ドキドキしながら渡ると残りの部分も所々腐りかけていて柔らかい。。。ドキドキ。
032.jpg


しかしホントにここは楽園のようだったなあ。
この後、大地獄が我々を待ち伏せていようとは、、、

033.jpg

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。